投資

第4回楽天証券ファンドアワードの感想 強すぎるeMAXISシリーズ

楽天証券アワード

楽天証券経済研究所が対象ファンドを選定し、そこからユーザーが投票して優秀なファンドを選定する、楽天証券のファンドアワードの結果が発表されました。

今回は2万8000人ものユーザーが投票したらしく、私もその中の1人なので、発表された優秀ファンドを見て色々感想を載せていこうと思います。

 

最優秀ファンド

楽天証券のファンドアワードは8部門から3ファンドずつ選定され、その3ファンドのうち1つが最優秀賞になるという仕組みです。

 

部門ファンド名純資産3年トータルリターン
国内株式ノムラ・ジャパン・バリュー・オープン39.06億円6.12%
海外株式eMAXIS 全世界株式インデックス72.09億円2.61%
国内債券三井住友・日本債券インデックス・ファンド656.43億円1.20%
海外債権<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド97.93億円-1.08%
国内リートeMAXIS 国内リートインデックス105.41億円4.17%
海外リートeMAXIS 先進国リートインデックス81.77億円-1.41%
バランス(固定配分)世界経済インデックスファンド(株式シフト型)43.82億円2.43%
バランス(可変配分)eMAXIS バランス(波乗り型)37.73億円2.22%

 

こうしてみると、8部門のうち4ファンドがeMAXISシリーズで、圧倒的に支持されているのがわかりますね。

eMAXISシリーズは投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018でも10位中5ファンドが選出されているので、楽天証券アワードの結果も妥当と言えるでしょうね。

 

eMAXIS 全世界株式インデックスについて

私はつみたてNISAやそれ以外では海外株式しか投資していないので、それ以外の部門についてはわかりませんが、海外株式部門の最優秀ファンドについて一言だけ。

eMAXIS 全世界株式インデックス(オールカントリー)はこれ1本で世界全体に投資することができるので、究極のインデックス投資と言えるファンドです。

私が投資初心者に勧めるならこのファンドにします。

 

楽天証券アワードは投資が分からない層のアンケートも含まれていそうですが、それでもオールカントリーが最優秀に選ばれたのは、「これ1本で世界全体に投資できる」というわかりやすさのおかげなのかなと思います。

ちなみに楽天証券アワードのアンケート結果より投資に詳しい人がアンケートに答えているであろう、投信ブロガーのアンケートでも2018年度の3位に輝いています。

なので、スリムオールカントリーは投資初心者にも上級者にも支持されている熱いファンドですね。

 

ファンドアワードのアンケートに答えて30ポイント!

このファンドアワードのすごいのは、アンケートに答えるだけで30ポイント貰えてしまうところ。

 

 

しかも会員ランクアップ対象の通常ポイントとして付与されているので驚きました。

私の知る限り、ランクアップ対象になるのは楽天で購入したり銀行で引き落としがされたりなど、支払いをした場合のみという認識だったので、このポイント付与は太っ腹ですね。

 

もちろん通常ポイントなので、楽天証券の投資にも利用することができます。

アンケートに答えてファンドへの知識を深め、そしてポイントをもらって投資をすることができる・・・

さすが楽天証券って感じのパーフェクトな流れです!

楽天証券アワードは来年以降もあると思いますが、アンケートによるポイント付与も継続していただければ嬉しいですよね。

 

まとめ

楽天証券アワードのようなランキング物は大好きなので、どんどんやっていただけたら面白いですね。

「eMAXISシリーズ最優秀ファンド」的なランキングとかあったら面白そう。。。