投資

ふるさと納税は本当にお得なのか【投資をしたほうが得?】

ふるさと納税は2,000円の自己負担金で各自治体から返礼品が受け取れる制度で、年々利用する人が増えています。

ふるさと納税をして、普段食べられないような肉や果物を頂いて楽しむのもいいですし、お米をもらって日々の食費を節約する作戦もあります。

そのため、控除上限金額以上購入をしてしまうとか確定申告を忘れてしまうなどミスをしなければ、大変お得な制度として知られています。

私自身ふるさと納税は毎年行っているのですが、今年になって「ふるさと納税をするより投資に資金を回したほうが得なのでは?」と思ったので、その理由について紹介していきます。

 

ふるさと納税=税金の前払い

勘違いされやすい点としてふるさと納税は税金の前払い制度のようなもので、税金が免除されたりするわけではありません。

2020年に5万円ふるさと納税をしたとすると、自己負担金の2,000円を差し引いた48,000円分を納めたことになり、2021年6月からの住民税が安くなります。

いわば2021年の税金を2020年のうちに支払っているようなもので、そこに返礼品がついて来るイメージです。

この税金の先払いが今回のテーマです。

税金なんて今払っても来年払っても変わりなくない?

と思えそうですが、実はそうでもないかもしれません。

 

お金の価値は未来より現在のほうが高い

 

今の1万円と10年後の1万円は今のほうが価値が高いです。

その理由としては通貨はインフレしていく特性があるので、同じ1万円でも10年後の1万円は価値が下がっているはずです。

事実、日本の中央銀行の日銀も1年間で2%のインフレを目標に掲げてお金を刷りまくっています。

さらに2020年はコロナ禍によって日本だけではなく世界中でお金をじゃぶじゃぶと刷りまくって、さらにインフレが加速しています。

スーパーで食料品を買ったり本屋で本を買ったりしているだけではインフレが進行しているとは実感しにくいですが、世界中の人が欲しがる物、希少性の高い物を見てみるとわかりやすく実感できます。

世界中の人が欲しがる物や希少性の高い物に当てはまるのは、

  • 不動産
  • 秘術品・骨董品
  • 時計
  • ビットコイン

などを指します。

これらの物はどれもこれも値上がりしており、経済はボロボロだと言うのに日経平均やダウ平均は今年も最高値を更新し、ビットコインは年初から300%近いリターンを叩き出して文句なく最高値更新をしています。

インフレが加速している時期に前払いは損?

株やビットコインが上がるというのは裏を返せば法定通貨の価値が下がっていることを意味します。

「法定通貨の価値が下がっている」については以下記事でもうちょっと突っ込んで紹介しているのでよければこちらもどうぞ。

ビットコインに見る労働価値の低下について元々仕事にやる気を出すタイプの人間ではないのですが、最近さらに仕事をする気が起きません。 手取り20万くらいの底辺社畜人間の私は趣...

 

インフレ対策には、先程紹介した株、ゴールド、不動産などインフレに強いとされる資産を持つのが有効とされていますが、その他にも借金をするのもあります。

インフレでお金の価値が下がっていくのであれば今100万円借りて、お金の価値の下がった未来に返済をするのが有効です。

日常のお買い物をするときも現金支払いよりクレジットカードや後払いをして、支払いを遅らせることにも通ずる話ですね(ただしリボ払いとか闇金とか金利が異常に高い借金はだめです。。。)

というわけでインフレ時は後払いが良いのであれば、その逆の前払いをするのは損、と考えることができます。

私はビットコイン大好き人間なのでビットコインを例に挙げると、2019年12月時点で仮に5万円分のふるさと納税をせずビットコインを購入していれば、現在レートで18万円になっています。

一方楽天でふるさと納税をしてこの記事の方法を使えば10%くらいのポイント還元が期待できますが、5万円が倍に!などはさすがにありません。

もちろん例に出したビットコインは極端な例ではありますが、今年で言えばインデックス投資とかゴールドでもふるさと納税をするよりリターンが大きそうです。

 

それでもふるさと納税を続けます

未来がどうなるかわかりませんが、ここ数年で言えばふるさと納税をするより投資をしたほがリターンは良さそうでした。

加えて今後はコロナで年収が下がったり職を失ったりする可能性が増え、1月とか6月とか早い段階でふるさと納税をするリスクが高いので12月のギリギリに行うように気をつける必要もあります。

ですがその投資的リターンとか面倒臭さを差し引いても、ふるさと納税を続けたいと思っています。

私は普段手が出せないような肉とか果物をふるさと納税で頼むのですが、去年注文して今年届いたシャインマスカットが美味しくて震えましたw

https://ofutonman.com/shine-muscat

 

ふるさと納税でもなければ絶対に買うことのないような物なので、食べることができてよかったです。

お米で節約!って感じのふるさと納税なら前述の通りインデックス投資とかビットコインを買ったりするほうがいいかもですが、普段買えない物を買う贅沢な使い方ならふるさと納税にも価値があります。

投資をしてお金を増やすのも楽しいですが、未知の経験をして人生を楽しむことも大事ですね。

…まあある程度贅沢をし尽くしたら、ふるさと納税をせずに全額投資に資金を回すようになりそうですが…w

 

まとめ

ふるさと納税をせずに投資をしたほうが資産増加的には得なのではないか、というお話でした。

過去数年で言えばインデックス投資やビットコインを買っているほうが良さそうで、インフレが加速しているこれからも投資のほうが良いのかもしれません。

でもふるさと納税をすることで普段買えない物を買う経験も大事にしたい!というのが私の今現在の気持ちです。

本当は好きなもの、したいことにいくらでもお金をつぎ込めるぐらい稼げれば一番いいのですけれどね…

 

関連記事です。

ブログやYouTubeなど副業収入を得ている人はふるさと納税をするときに便利な「ワンストップ特例制度」は使えず、確定申告をする必要があります。

 

ブログで収益を得ている人はふるさと納税のワンストップ制度は使えない!負担金2,000円で各地域の特産品を購入することができる、絶対に利用するべきふるさと納税。 特にブロガーはブログのネタに使うことも...