チェス

チェス初心者が勝つために覚えるべきことは「たったの4つ」です

チェスの駒の動かし方やルールを覚えて、いざ実際にチェスをプレイしてみると、

 

相手のキングを取れば勝ちってことは分かったけど、どうやって駒を動かしていけば勝てるの!?

 

このような悩みを抱える方が多いです。

チェスの最終的な目標は「敵キングをチェックメイトすること」ですが、その他にも目指すべき目標があります。

駒の動かし方を覚えたチェス初心者の方は、この記事で紹介する目標を意識して駒を動かしていけば、自然とチェスで勝てるようになります!

その覚えるべき目標とは・・・

これを目標にすればチェス初心者でも勝てる!
  1. 【序盤戦】何はともあれキャスリングを目指す
  2. 【序盤戦】駒を中央に配置する
  3. 【序中盤戦】駒得をする/駒損をしない
  4. 【終盤戦】キングを戦場に持っていく

 

この4つがチェス初心者の方がまず覚えるべき目標で、4つとも自然と目標達成できるようになれば、それだけでチェス初心者卒業のレベルになることができます!

それでは1つずつ実際のチェスボードを交えながら解説していきますね!

 

キャスリングでキングの安全度をアップさせよう

キャスリングはチェスの中でもかなり特殊なルールで、1手の間にキングとルークの位置を変えることができるかなりお得な技です。

 

上の局面のように、自分のキングとルークの間に駒が挟まっていない場合、

 

 

こうやって1手でキングとルークの位置を変えることができます。

 

お布団マン
お布団マン
ネットチェスでキャスリングをするときは、キングをタップしながらルークの右隣のマスをもう1回タップすると自動でキャスリングができますよ!

 

チェスは特に中央が戦場になりやすいところなので、なるべく早めにキャスリングをして、キングを端っこに配置することで、安全度が増します。

チェスは相手のキングをチェックメイトを目指すゲームですが、それは相手も同じことなので、まずは自分のキングが取られないようにすることが大事です。

このキャスリングはチェスのプロでも多様する強力な技なので、皆さんもチェスの対局ではまず最初にキャスリングをすることを目標に指してみてください。

ルールを覚えてとりあえず何回か対局するも、あっという間にチェックメイトをされてしまってなかなか勝つことができなかった方、結構いると思います。

そんなあなたも、キャスリングをするだけでチェックメイトされにくくなり、チェスが負けにくくなりますよ!

 

駒を中央に配置して理想的な攻撃準備をしよう

先程にチェス初心者の方はまずキャスリングをすることを目標に指すことをおすすめしましたが、キャスリング後に次に意識をしたいのが駒を中央に配置するということです。

もっと詳しくいえば、ルークを真ん中に配置することを目指します。

理想的な展開として以下のような局面です。

 

 

この局面は白と黒が共にキャスリングをして、白は全ての駒を中央に配置し終わっています。

ビショップもナイトも繰り出して、白のほうがなんとなく駒がのびのびしていることが分かると思います。

 

 

白は矢印のように駒の利きが敵陣に突き刺さっているのですが、黒といえばビショップは閉じ込められ、右側のナイトとルークはまだ閉じ込められたままです。

チェスの駒はどれもダイナミックな動きをして強力ですが、自陣に閉じ込められたままでは威力が発揮できません。

なので上図のようになるべく駒を中央に配置するようにしましょう。

順番としては、

  1. ポーン
  2. ナイト
  3. ビショップ
  4. クイーンorルーク

といった感じで動かしていくイメージですね。

スポーツなどで新人を意味するルーキーという言葉は、チェスの駒の中で最後に動かされることが多いルークが語源という説があります。

そんなチェス上のルーキーを中央に動かすことができたとき、他の駒は中央に配置されていて理想的な駒組になっているはずです。

ちなみにルークは飛車と同じく上下左右に動くことができますが、序盤戦の場合はほとんどの場合横に使っていくことが多いので、先程の局面のように、まずは真ん中に奥ことを考えましょう。

 

駒損を避けつつ駒得を狙おう!

チェスの駒は6種類ありますが、実は世界共通で駒の価値が点数化されています。

キングなし(取られたら負けのため)
クイーン9点
ルーク5点
ビショップ3点
ナイト3点
ポーン1点

 

チェスは将棋と違って取った駒は使えないので、盤上に残る駒は終盤戦になるにつれてどんどん少なくなっていき、1点の戦力差でも勝敗を分ける重要なポイントになります。

なので初心者のうちは1点の損もしないように、自分と相手の取った駒の点数を計算しながら駒を動かすようにしましょう。

例として以下の局面を見てみます。

 

 

今黒番の相手がa6とポーンを突き出してきました。これは「次に白のビショップを取るぞ」と脅しをかけてきた1手です。

この手に対して何もせずキャスリングなどをしたら、黒はb5にいるビショップを取って3点丸損してしまいます。

では逆に今突き出されたa6のポーンを取るとどうなるか。

 

 

ルークでビショップを取り返されてこの局面になります。

この数手の手順での点数計算をしてみると、

  • 白が失った駒:ビショップ(3点)
  • 黒が失った駒:ポーン(1点)

=白が2点の損

序盤からいきなり2点の損はかなり厳しく、プロ同士の対局なら白はまず勝つことができません。

ではa6とビショップ取りに突き出されたときにどうすれば良かったのかと言えば、まずは素直にビショップをどこかに引いてタダ取りされることを避けること。

もう1つはc6にいるナイトをビショップで取ってしまうことです。

 

 

改めて点数計算をしてみると、

  • 白が失った駒:ビショップ(3点)
  • 黒が失った駒:ナイト(3点)

駒の損得なし

このように3点同士の交換なので駒の損得はなくなります。

もちろん局面に応じて点数を犠牲にする代わりに敵キングを猛烈に攻めるといったこともあり、点数が全てではありません。

しかし最初のうちは点数を損しない(駒を損しない)ことを気をつけると戦力不足で負けることが少なくなるので、点数計算を意識して指し手を決めるようにしましょう。

 

チェスの終盤戦はキングも攻め駒!積極的に使おう

相手にチェックメイトされた負けなキングは、序中盤の間はキャスリングをして隅っこのほうで戦場に当たらないように守られることが多いです。

しかし、盤上の駒が少なくなり、終盤戦になるにつれてキングが強い駒になっていきます。

具体的にはクイーンが盤上からいなくなると、一気にチェックメイトされる危険性が減るので、キング自ら戦場に突進していくことが可能になります。

 

 

例えば上の局面。

お互いにポーン以外だとキングとルークとナイトしかいなくなっています。

ここまで駒が少なくなると、キングをチェックメイトされることがほとんどないため、戦力不足を補うためにキングを戦場に向かわせることを視野にいれつつ指していくことになります。

 

 

互いに端っこにいたキングを真ん中に寄せていき、あわよくば敵陣に突っ込んでいって相手のポーンを取ることを狙ったりします。

将棋を指した経験のある人なら、自分の王将は序盤から終盤までずっと守り続けないといけない存在なのでかなり違和感があるかもしれませんが、チェスではキング自ら戦いに参加させるのは大事な戦術です。

お互いのクイーンが盤上から消えた段階」でキングを攻めに使うことができないか?を考えながら指し手を決めるようにすると、終盤戦で戦いを優位に進めることができますよ!

 

まとめ

初心者が勝つために覚えるべき4つのことをまとめると、

①とにかくキャスリングをする
→キャスリングをすればチェックメイトされる危険性が減り、いきなり負けることが少なくなります。

②駒を中央に配置する
→ルークを真ん中を移動することを意識すれば自然と駒が真ん中に配置されます。うまく駒を配置できれば強力な攻めを繰り出しやすくなります。

③駒損を避けて、駒得を狙う
→「1点のポーンで3点のナイトを取られると損だな…」のように常に点数計算をしながら指して戦力不足を避ければ負けにくくなります。

④終盤戦はキングを戦場に使っていく
→クイーンが盤上から消えたらキングも攻め駒になれます。積極的に攻めに使えれば終盤戦を有利に戦えます。

 

いきなり4つもの目標を全部意識しながらチェスを指すのは大変かもしれません。

しかしこれら4つの目標を自然と達成できるようになれば、多くのチェスライバルに勝てるようになり、強プレイヤーの集まるネットチェスでも戦っていけるレベルが身につくはずです!

 

おすすめのビットコインサービス
ビットコインに投資をしてみたいけど、どうしたらいいんだろう?

と、ビットコイン投資を始めてみたい方におすすめなのが、各種手数料無料で手軽にビットコインを購入できるGMOコインです。

 

GMOコイン公式ページ

購入したビットコインはハッキングリスクのある取引所に預けっぱなしにするのではなく、自分で管理をするのが重要です。

おすすめはお値段は高めですが、操作性が良く初心者でも簡単に扱える「Ledger Nano X」という私も愛用しているハードウォレットです。

 

公式販売ページはこちら