ビットコイン

暗号資産の暴落にも動じないメンタル作りの方法【初心者でも平静を保てます】

2019年9月25日、↑の画像の通り、暗号資産が暴落しました。

1BTC=104万円だったのが1日にして88万円まで下がり、他のアルトコインも軒並み暴落しています。

あまりいないとは思いますが、私のように楽天ウォレットがサービス開始したのと同時に暗号資産を始めた勢にとってはかなりドぎついデビューとなったのではないでしょうか。

もしかしたら、「どこかのインフルエンサーが言っていたから」BTCをドルコストでガチホしようと計画を立てていたけど、いきなりの暴落につい売りたくなった人もいるかもしれません。

今回はそんな暗号資産の暴落にメンタルがやられてしまう人に、ぜひおすすめしたい「動じないメンタル作り」の方法を紹介したいと思います。

それが投資やトレードの世界にかなり近いものがある、麻雀、ポーカーの世界を知るということです。

麻雀、ポーカーの世界をするというのは一体どういうことなのか?早速見ていきましょう。

 

投資家やトレーダーが嗜む麻雀とポーカー

麻雀とポーカーはどちらも将棋や囲碁と違って、運が絡むゲームで、世界最強のプレイヤーと言えども運次第で負けることが必ずあります。

また対戦相手の心理状態や、自分が置かれている状況を計算して攻めるか降りるかの選択をすることもあり、そのゲーム性が投資に通じるものがあるということで、投資家やトレーダーで麻雀、ポーカーを嗜む人が多いです。

有名人で言えば、「日経平均を動かす男」で知られるcis氏は麻雀もポーカーもどちらもかなりの腕前です。

 

 

麻雀とポーカーのゲーム性が投資に似ていること以外にも、メンタル面でも通じるものがあります。

麻雀とポーカーは強者と弱者が長期間プレイすれば必ず強者が勝つゲームですが、短期間なら弱者が勝つこともよくあり、負けが混んでいるときは動じないメンタルが必要になってきます。

負けが混んでいるから長期的に見たら期待値の低いプレイを採ってしまうとか、合理的ではない「オカルトチックなプレイ」などをやってしまうのは、メンタルがやられているときにありがちなことですね。

これを暗号資産投資でいえば、将来的には価値が上がる可能性が高いと信じてガチホしたBTCを、暴落を目の当たりにして損切りしてしまう「狼狽売り」ととても似た状況です。

 

プレイをしなくてもメンタルを鍛えることができるポーカー本はこれだ!

ここまでの流れだと、ここから「投資と麻雀、ポーカーは似ているから早速ゲームをプレイしてみよう!」とおすすめする内容になりそうだなと思う人もいるかもしれませんが、いきなりプレイは勧めませんw

私がおすすめするのは、ポーカーの世界とメンタル強化方法を知ることができる本を以下の2冊を読むことです。

賭けの考え方

created by Rinker
¥1,980
(2020/07/15 17:59:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

まずは賭けの考え方というシンプルなタイトルの本です。

この本のメインターゲットはポーカーを嗜む人ですが、投資家や確率に左右されるゲームをする人など幅広い層に読まれている名著です。

「流れが悪い」とされる状況に置かれたとき、何もかもうまくいかずにメンタルがやられてしまったときの対処法を教えてくれます。

 

賭けの考え方
【書評】勝ち組の思考になりたい投資家必見!賭けの考え方ポーカーを嗜む人にとって必読書と言ってもいいのが今回紹介する賭けの考え方という本です。 私もそれなりにポー...

 

ザ・メンタルゲーム

 

こちらもメインターゲットはポーカープレイヤーですが、メンタル強化をするための具体的な訓練方法が紹介されています。

例えばポーカープレイ中に感じた気持ちや、ミスをしたときの思考回路をノートに書き残しておくという方法が推奨されていますが、こういうのは投資家にも応用できそうだと思っています。

例えばガチホすると決めた銘柄を売りたくなったとき、なぜ売りたくなったのかをノートに書き残しておいて、後日ちゃんと分析をするとかですね。

 

暗号資産初心者でも麻雀とポーカーのおかげで暴落に動じませんでした

 

ここからは私個人の話です。

実はまだ、暗号資産投資を始めて1ヶ月程度の私ですが、すでに20万円ぐらいビットコインとイーサリアムに投資しています。

低賃金社畜で貯金が全然できない私にとっては20万円は大金ですが、今日の暴落で朝起きたらかなり含み損を抱えていました。

普通なら動揺するところですが、先程紹介した本を読んだり、麻雀、ポーカーの世界について調べたりする経験のあったので自分でも驚くぐらい動揺しませんでしたね。

麻雀、ポーカーの世界を知っていると「一時的に損する」状況に慣れてしまうので、暗号資産が暴落して含み損を抱えても、「ふーん、こんなもんか」って感じで気にならなくなりますね。

これが良いことなのかは分からないですが、麻雀とポーカーの世界を知っていればガチホの握力は確実に強くなります。

私のこれからの計画としては、ガチホだけではなく買い増しもしていこうと思っています。

ちなみに暗号資産の取引をするなら他の暗号資産取引所と比べて手数料が安い、【GMOコイン】がおすすめですよ。

まとめ

暗号資産投資の初心者は、暴落する度に胃がキリキリする思いをするかもしれません。

暗号資産ガチホで儲けたいけどメンタルが弱い自覚がある人は、まずは賭けの考え方を読んでみて、もし興味を持ったら健全な麻雀、もしくはポーカーをやってみるのもいいですね。

この2つのゲームは暗号資産投資を長く続けていく上で、必ずプラスの経験になります。